うさぎの鼻が動く理由【速い時3つ、遅い時2つ】病気の予兆も鼻でわかる

うさぎの鼻ピクピク

さぎのチャームポイントといえば長い耳ですが、ヒクヒク動いている鼻もとってもかわいいですよね。

うちのうさぎも、私がケージのそばを通ると、「なになに?」と鼻をヒクヒク動かしながら近づいてきます。でも、どうして、うさぎの鼻はヒクヒク動くのでしょうか?

うさぎは感情表現をあまりしない動物なので、鼻がヒクヒク動く理由を知ることで、うさぎの気持ちをもっと理解できるようになります。

なぜうさぎの鼻は動くのか? 今回はその理由を紹介します。

スポンサーリンク

うさぎの鼻がヒクヒクする理由

 

View this post on Instagram

 

Sachi Kaji + Taffy ( タフィー )さん(@sachi_kaji)がシェアした投稿

うさぎが鼻をヒクヒク動かしているときは、周囲のにおいを嗅ぐことで状況を把握しています。

うさぎは視力があまりよくないため、「嗅覚」と「聴覚」を使って、敵から逃げたり、エサを見つけたりしているのです。

うさぎの鼻の穴はスリット状で、鼻と口の周りの筋肉が発達しているため、鼻孔を開けたり閉じたりすることができます。この動きがかわいい「ヒクヒク」の正体です。ヒクヒク動かすことで、よりにおいを嗅ごうとしているのです。

うさぎの嗅覚はとてもすぐれているので、一緒に暮らす家族のにおいを判別することができます。

そのぶん、鼻がとても敏感なので、香水や芳香剤などの強いにおいには注意してあげましょう。

うさぎの鼻の動きが速いとき

  1. 周囲の状況の変化に反応している
  2. 警戒または興奮している
  3. 何かに興味がある

このようなとき、鼻の動きが速くなります。

1.周囲の状況の変化に反応している

はじめての場所に来たときや知らない相手に会ったときなど、いつもと違う状況に置かれると、うさぎは鼻を速く動かして情報収集をしようとします。相手が敵ではないか、周囲は安全な状況なのかをいち早く知るためですね。

 

2.警戒または興奮している

突然大きい物音がしたり、怖い思いをしたり、おどろいて興奮状態になったときにも鼻の動きが速くなります。

「あ~、びっくりした(ドキドキ……)」といった状態です。

 

3.何かに興味がある

おいしそうな食べもののにおいがしたときや、遊んでくれる人が近づいてきたときにも鼻が激しく動きます。

うさぎのワクワク感が伝わってきますね!

 

うさぎの鼻の動きが遅いとき

逆に、鼻の動きが遅くなっているときは、

  1. リラックスしている
  2. 眠っている

うさぎにとって、警戒する必要がなく安心できる状況ということですね。

もともと警戒心の強いうさぎが、このようにリラックスした姿を見せているのは、飼い主のことを信頼している証拠です。

また、快適な環境で安心してすごせているということです。

 

うさぎの鼻のヒクヒクが止まるとき

 

View this post on Instagram

 

umemi&utukiさん(@maro0817)がシェアした投稿

※Instagram、うさぎさんの鼻はピクピクのみです。

完全にリラックスしていたり、ぐっすりと眠っていたりすると、鼻の動きが止まっていることもあります。

動きが止まっているからといって呼吸をしていないわけではないので、そっとしておきましょう。

ただし、病気やケガによって体調が悪く、鼻を動かす余裕がなくなっていることもまれにあります。

日頃からうさぎの様子をよく観察していれば、リラックスしているときとの違いは一目瞭然です。

ごはんを食べない、元気がないなど、うさぎの状態をよく観察して、必要があると感じたら、すぐに病院で診てもらいましょう。

 

うさぎが鼻でツンツンするのはなでて欲しいとき

うさぎが飼い主の手や足を鼻でツンツンとつついてくるのは、「かまって欲しい」や「なでて欲しい」など、甘えたいときによくみられる行動です。

そのようなアピールをしてくるときは、一緒に遊んであげたり、存分になでてあげたりしてください。

うさぎがツンツンとアピールしているのにかまってあげないと、うさぎにとってその行動が意味のないものになり、そのうちやらなくなってしまいます。また、無視され続けることは、うさぎにとってもストレスになります。

 

また、甘えたいときだけではなく、何か要望があるときにもツンツンしてくることがあります。

「ごはんがほしい」とか「邪魔だからちょっとどいて!」というような具体的な要求を伝えようとしていることもあります。

いずれにしても、「ツンツン」とかわいくアピールされるのは、飼い主としてうれしいですよね。

私の家のうさぎも、なでられるのが大好きなので、ツンツンアピールをよくしてきます。なでてあげると本当に気持ちよさそうな顔をするので、その顔を見ているだけで癒されます。

楽しくコミュニケーションをとって、うさぎとさらに仲よくなれるといいですね。

 

うさぎの鼻が開く原因は病気のサイン?

うさぎが鼻の穴を広げたまま呼吸をしているときは要注意。呼吸困難の可能性があります。上を向いて息をしている場合は、かなり呼吸が苦しい状態です。

呼吸困難を引き起こす病気は、肺炎や胸膜炎、心疾患など重篤なものが多く、すでに症状が進行していることもあるので、一刻も早く病院に連れていきましょう。

 

まとめ

ヒクヒク動くうさぎの鼻は、見ているだけでも癒されます。しかし、その動きにはいろいろな意味があることがわかりました。

犬のように吠えたり、しっぽを振ったりしないので、感情表現がわかりにくいうさぎですが、鼻の動きによっていろんな気持ちを知ることができそうですね。

うさぎとのコミュニケーションにぜひ役立ててみてください。

 

コメント