うさぎにみかんを与えていい?【実や皮の与え方】知らないと怖い2つのルール

スポンサーリンク
うさぎにみかんを与えていい?
スポンサーリンク

さぎは、甘いものがとっても大好きですよね。おやつを与えるとき、ごほうびとしてくだものを与えているかたもいるのではないでしょうか。しかし、くだものの中でもうさぎに与えてもよいもの、ダメなものがあるのをご存知ですか?

うさぎを飼うなら知っておくべき柑橘類の「みかん」ついてご紹介します。

うさぎのためにも知っておかなければ命の危険もある、みかんについての知識をしっかり身につけておきましょう!

うさぎにみかんを与えていいの?

柑橘系のくだものはうさぎにとってあまりいいものではないとされています。しかし、獣医さんによっては少量なら与えてもよいと話すか獣医もおり、絶対に与えてはいけないくだものではないようです。

与えるのであればちょっとしたおやつや、たまのごほうびに、ほかのおやつよりもさらに少なめの量にしましょう。

うさぎは甘いものがとっても大好きなので、みかんの味を好きになってしまったら「もっとちょーだい!」とおねだりしてくると思います。そのかわいいおねだりに負けずに、うさぎの体調のことを1番に考え、与えすぎには十分注意してください。

うさぎがみかんを食べていますが、のどにつまらせてしまっています。

音声あり

場合によっては命にかかわる危険もあるので、与えるときにはうす皮、大きさにも注意しましょう。

うさぎは、みかんの皮が好きな子も多いようです。

音声あり

みかんの皮を与えるときにも注意点があります。次からの項目を読んで参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

みかんの実の与えかた

みかんの実を与えるときには、人間が食べるときのようにそのままあげるのではなく、うす皮をとって小さくちぎってからあげましょう。

みかんの実は一つひとつが大きく水分量も多いです。食べすぎてはお腹を下してしまう可能性があります。また、うす皮がのどにつまってしまう可能性もあります。これはとても危険です。

みかんの皮の与えかた

みかんの皮も、うさぎは食べることができます。うさぎは、みかんの実よりも皮のほうが好きな子が多いようです。しかし、みかんの皮には農薬がついているものも多いため与えるときには注意しましょう。

みかんの実と皮、それぞれの注意点について次の項目でくわしくご紹介します。

 

うさぎにみかんを与えるときの注意点

のどにつまる

実を与えるときには、うす皮は絶対に取り除いてください。また、大きさも小さめにしてあげましょう。

みかんの実を与えるときに、実についているうす皮がのどにつまってしまうことがあります。以前、うさぎがみかんを欲しがっていたので何気なくそのままみかんの実をあげたら、急に涙を流しながら苦しみだした、という話を耳にしました。

そのうさぎは、なんとかつまったうす皮を口から取り出すことができ、すぐ回復することができたようなのでほっとしましたが、のどにつまらせて苦しい思いをしたうさぎのことを思うと胸が痛いです。

苦しんでいるうさぎの姿なんかみたくないですよね。

 

農薬に注意

みかんは皮も食べることができますが、ご家庭で買うほとんどのみかんは農薬を使って栽培している可能性があります。与えるときは念入りに水洗いをしましょう。

また、皮にも水分があります。不安な場合は水洗いしたあと干して乾燥させ、ドライフルーツにするといいでしょう。こちらも与える量には注意します。与えすぎないよう少量に留めておきまましょう。

 

まとめ

人間の食べものを与えるときには、食べものによっては細心の注意をはらう必要があります。

みかんを与えるときには、

  1. うす皮は絶対にとる
  2. 皮はよく水洗いする
  3. 量はひとつの実3分の1程度にする

みかんに限らず、どんな食べものも与えすぎてはいけません。おやつを与えるときには一口程度のほんの少量に留めておきましょう。

私もうさぎを飼っており、最初はなにを与えるのも心配で、いろいろと調べました。

心配するとキリがないですし、すべてのものに対して過剰に反応して考えてしまう必要はありませんが、危険性のあるもの、獣医さんのプロの意見でダメといわれているものについては与えないでください。もうすでに与えてしまっているかたは、うさぎが味を覚えているので、よろこんで食べる姿を思うとあげたい気持ちになると思います。

しかし、食べものは体をつくるもの。食べたものがうさぎの栄養、成長に変わっていきます。うさぎの健康のことを、1番に考えてあげてください。

うさぎが健康で長生きしてくれるように、どんな食べものでもうさぎの口にするものは与える前に、うさぎにとってよいものなのかどうかを調べてみてくださいね。

そして与えてもよいものは注意点に気をつけて、上手におやつを与えていきましょう。

スポンサーリンク

コメント