うさぎの適温は何度?春夏秋冬で温度は違う?過ごしやすい室内飼育環境で快適!

スポンサーリンク
うさぎの適温
スポンサーリンク

さぎを飼うときに、とても大事なことが温度と湿度。飼い主はうさぎの適温で温度、湿度管理をしっかりとおこなう必要があります。

しかし、うさぎの適温とはどのくらいなのでしょうか? 私たち人間とはちがうのでしょうか。お部屋の温度、湿度管理だけではなく、ケージの暑さ対策や、寒さ対策はどのようにおこなえばいいのでしょう?

今回は、うさぎの適温や春夏秋冬に合わせた室内温度を紹介します。

うさぎの適温は何℃?

うさぎがもっとも過ごしやすい適温は、温度18~23℃です。

  • 出典:(書籍)【新版】写真いっぱい!かわいいうさぎ品種&飼い方 監修 さいとうラビットクリニック院長 斉藤久美子

エアコンなどで室内の温度調節をおこないますが、エアコンの風が直接あたる場所にはケージを置かないようにしましょう。

また、窓や扉の近くなどの、直射日光があたるところや冷たい隙間風が入ってくるところにケージを置くのも避けてください。

うさぎの夏の適温

うさぎは、暑さに弱い動物です。

暑さは夏バテや熱中症になる可能性もあります。そのため、夏場はエアコンをつけっぱなしにして、室内の温度は28℃以下に保ちましょう。

そのほかにも、

  • ペット用のひんやりグッズを活用
  • ペットボトルにお水を入れて凍らせ、ケージの上や横に置いておく

など、ケージ内を快適に過ごせるような工夫をしてあげましょう。

お水をこまめに変えるのも忘れずに。

 

うさぎの冬の適温

うさぎは暑さに比べて寒さには比較的強いといわれていますが、室内の温度が18℃以下にはならないようにしましょう。また、冬場は朝晩の冷え込みが激しいため、昼間との寒暖差が大きくならないように気をつけてください。

  1. ペット用のあったかグッズの活用
  2. 毛布をケージの下に敷いて冷やさないようにする
  3. ブランケットをケージにかけて風を通さないようにする

などの工夫をしてあげましょう。

冬場は空気が乾燥するため、夏場とおなじく水分を十分与えるようにしましょう。

 

春や秋の適温

春や秋は、暑すぎず寒すぎず、うさぎの適温である18~23℃という日が多いので過ごしやすい季節です。

しかし、温度差の激しい季節の変わり目でもあります。急に暑くなったり寒くなったりする日もあるので、そのような日には室内温度の調節に気をつけましょう。

また、春と秋はうさぎの毛が生えかわる換毛期。たくさんの毛が抜けるため、うさぎが毛を飲み込んでしまわないよう、こまめにブラッシングもおこないましょう。

 

うさぎを飼うのに最適な湿度は?

うさぎが過ごしやすい湿度は、湿度40~60%です。

出典:(書籍)【新版】写真いっぱい!かわいいうさぎ品種&飼い方 監修 さいとうラビットクリニック院長 斉藤久美子

うさぎは湿気にとても弱い動物です。

湿気が多いと、体調不良を起こしやすくなってしまいます。

梅雨の時期は、エアコンの除湿機能を使ったり除湿器を置いたりして、湿度管理をしっかりおこないましょう。また、梅雨時期は食べものがすぐにいたむことがあり、カビも生えやすい時期です。

  • ペレットや牧草の食べ残しはしっかり片づけて、つねに新鮮なものを与える
  • お水をこまめに変える
  • ケージの中の掃除もきっちりおこないましょう

買い置きのペレットや牧草も湿気ることがないよう保存に注意してください。

 

うさぎの耳で適温を測ろう

うさぎの平均体温は、38.5~40℃です。

うさぎの体温を測る場合、体温計を使うとなると肛門で体温を測ります。

体温計を使うと数値で確認することができますが、うさぎは犬やネコとちがってジッとおとなしく抱っこをさせてくれない子が多いので、あばれてなかなか測れない可能性が高いです。正確な数値が知りたい場合は動物病院などで測ってもらうことをおススメします。

お家では、うさぎの耳を触ってみてください。

うさぎは耳で体温調節をおこなっており、暑いときは耳から熱を放出し、寒いときは耳が冷たくなります。

原始的な方法ですが、耳を触って耳が暑いときは室温がうさぎにとって暑い可能性。耳が冷たいときは寒い可能性があります。耳の温度によって、室内の気温も調節してあげてくださいね。

また、発熱や体温が低下していることでそれぞれの病気を知るひとつのサインでもあります。

定期的に健康診断にいき、体温も測ってもらいましょう。

スポンサーリンク

まとめ

うさぎは暑さと湿気にはとても弱い動物です。

  • 温度18~23℃、湿度40~60%に保つ
  • エアコンだけではなく、さまざまなグッズを使ってケージ内の工夫をおこなう

飼い主はどの季節も室内の温度、湿度管理をしっかりとおこなってくださいね。

コメント