うさぎが涙を流す5つの原因|ストレスや片目の場合やベタベタや白い理由

うさぎの涙

きくてまんまるな瞳はうさぎの魅力のひとつですが、そんな目から涙があふれていたらとても心配になりますね。

人間と違い、うさぎは感情によって涙を流すということはありません。しかし、うさぎの涙はつねに分泌されていて、目を外部の刺激から守ったり、目に必要な栄養分を運んだりといった大切な役割があります。

うさぎが涙を流す症状にはふたつのパターンがあります。

  • 鼻涙管(びるいかん)という目と鼻をつないでいる管がふさがってしまい、涙があふれてしまう
  • 涙の分泌量が増える

このようにうさぎが涙を流す症状を引き起こしてしまう原因は何か? 原因となる病気や症状についてくわしく紹介します。

うさぎが涙を流す5つの原因

うさぎが涙を流す原因は、

  1. 鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)
  2. 涙のう炎
  3. 結膜炎
  4. 角膜炎
  5. 緑内障

上記のような病気があげられます。

1.鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)とは

目と鼻をつないでいる鼻涙管がふさがり、涙が目からあふれ出てしまうことを鼻涙管閉塞といいます。通常、涙は鼻涙管を通って鼻に流れます。

しかし、鼻涙管に

  • 細菌感染などによる炎症
  • 歯の根っこの伸びすぎによる圧迫
  • 先天的に管が細くゴミなどが詰まってしまう

などが起こると涙がうまく鼻に流れず、涙目になったり、涙を流したりします。

治療は目薬や鼻涙管洗浄などをおこないますが、いちばん大切なのは鼻涙管が詰まってしまった原因を突きとめて、適切な治療をすることです。

鼻涙管閉塞は繰り返すことが多いので、経過をよく観察することも重要です。

出典:石川台どうぶつ病院

2.涙のう炎(るいのうえん)とは

涙のうは、涙をためて鼻涙管に流すポンプのような役割をしています。この部分に細菌が入って炎症が起こることを涙のう炎といいます。涙のう炎にかかると、白っぽく粘り気のある目ヤニが増え、下まぶたを押さえると白っぽく粘り気のある涙が出てきます。

涙のう炎の原因は、

  • 涙の中の細菌による感染
  • 鼻涙管閉塞によって涙がたまってしまい炎症を起こす
  • 不正咬合

などが考えられます。

 

3.結膜炎(けつまくえん)とは

結膜とは、まぶたの内側から眼球までつないでいる膜のことです。結膜炎のおもな症状は、結膜の充血、涙の増加、目ヤニなどです。先に説明した鼻涙管閉塞症が原因で結膜炎が起こることもあれば、その逆が起こることもあります。

結膜炎の原因は、

  • パスツレラ菌などの感染
  • アレルギー
  • 尿のアンモニアの刺激
  • 床材のチップなどの刺激

などです。

ケージの中が不衛生だといろいろな細菌が繁殖して、目の病気にかかりやすくなります。定期的に掃除をして、清潔な環境を保ってあげましょう。

ただし、うさぎの結膜炎の原因で1番多いのは不正咬合です。アレス動物医療センターのサイトによると、うさぎの目でおこるトラブルの90%には歯並びが関係しているといわれています。

結膜炎を放置していると、涙で濡れた目のまわりの皮膚が炎症を起こしたり、角膜炎や緑内障など別の病気につながったりすることもあります。

なるべく早く病院で診察を受け、目だけでなく歯の状態もしっかり診てもらいましょう。

出典:あなたがウサギにできること(アレス動物医療センター)

 

4.角膜炎(かくまくえん)とは

眼球の表面にある角膜がキズついて炎症を起こすことを角膜炎といいます。角膜炎になると、涙の量が増えます。

うさぎの眼は横に出ているので、自分の爪でひっかいてキズつけてしまったり、ケージの中でパニックになってキズついてしまったりすることもよくあります。角膜のキズが深いと角膜潰瘍と呼ばれます。症状が進行すると瞳が白く濁ってしまい、視力の低下にもつながる恐れがあります。

治療はおもに抗生物質や角膜保護薬などの点眼をおこないます。

出典:あなたがウサギに出来ること(アレス動物医療センター)

 

5.緑内障とは

緑内障とは、眼球内部に水がたまってしまうことで、眼圧(眼球内部の圧力)が上がってしまい、さまざまな症状が出てくる病気です。症状としては、

  • 涙の量が増える
  • 目を痛がる
  • 眼球が大きくなってしまい、目をきちんと閉じられない

などです。

重症化すると、痛みによって食欲がなくなったり、眼球の肥大により内部で出血を起こし、視力が落ちたり失明したりすることもあります。早い段階で気づいて診察を受けることが大切です。

出典:どうぶつ親子手帳

 

うさぎの涙はストレスが原因?

うさぎの涙の原因は、先に説明した病気や症状によるものです。涙が目からあふれてしまう状態は、うさぎにとって非常にストレスがかかっています。

うさぎはストレスに弱く、食欲不振などほかの病気を引き起こす可能性もあります。

 

うさぎの涙、片目と両目による違い

片目だけ涙が出ている場合、目にゴミなどが入ってしまったり、目の中にキズがついてしまったりしている可能性があります。

両目から涙が出ている場合は、鼻涙管閉塞が起こって涙があふれ出ていると考えられます。

ただし、片方の鼻涙管だけが詰まることもあるので、片目だけ涙が出ていることもあります。

どちらの場合でも、早めに診察を受けて症状に合った治療を受けましょう。

 

うさぎの涙が白い場合

うさぎの涙腺には、

  • 瞬膜腺(しゅんまくせん)
  • 涙腺(るいせん)
  • 副涙腺(ふくるいせん)

3種類あります。これらは皮脂腺で脂肪を分泌しているため、涙が白いことがあります。うさぎの涙には油分が多いため、まばたきを1時間に10~12回程度しかしなくても、目が潤うのです。

出典:オダガワ動物病院

 

しかし、涙が白くなる原因はほかにもあり、

  • 鼻涙管閉塞によって、涙がうまく排出されず涙の成分が濃くなってしまう
  • 目の中で細菌感染を起こしている

上記の場合にも、白っぽい涙が出ることがあります。細菌感染している場合は、膿が浮いていたり、目ヤニの量が多くなったりします。

 

うさぎの涙がベタベタしている

うさぎの涙がベタベタしている場合は、涙が白っぽいときと同じく、炎症を起こしたり、細菌に感染したりしています。先にお話した「涙のう炎」でも、白っぽく粘り気のある涙が出ます。ベタベタした涙は、まわりの皮膚の炎症を引き起こしやすいので、気づいたら早めに拭き取りキレイにしてあげましょう。

細菌による感染の場合、抗生物質による治療が必要になります。涙の異常の原因は何なのか? 原因を見つけてしっかり治療しましょう。

 

うさぎの涙やけをケアしよう

涙の量が増えたり、目ヤニが多くなったりして、目のまわりに炎症が起きることを涙やけといいます。湿性皮膚炎(しっせいひふえん)とも呼ばれ、ひどくなると毛が抜けてしまうこともあります。

目のまわりが濡れたままだと炎症が悪化してしまうので、涙や目ヤニをやわらかいガーゼやコットンにぬるま湯を含ませてキレイに拭き取ってあげましょう。

目ヤニが多い場合は、うさぎ専用の目の洗浄液などを使ってあげてもいいですね。うさぎは目に不快感があると自分の前足でこすってしまい、ますます炎症がひどくなったり、目にキズがついて角膜炎になったりすることもあります。

こまめなケアを心がけて、ひどくならないように気をつけましょう。もちろん、涙の量が増えている原因をきちんと治療することも忘れずに!

 

まとめ

うさぎが涙を流しているときには、いろいろな原因が考えられます。まずは病院で診てもらい、原因を見つけ出すことが大切です。

目はとてもせんさいで複雑な器官です。病状を悪化させないためにも、「おかしいな」と思ったら、早めに診察を受けるようにしましょう。

うさぎの場合、上の奥歯(臼歯)の付け根がちょうど目の下にあり、歯のトラブルが目に影響を与えることがよくあります。涙が出ているときは、目だけでなく口の中にも異常がないか、しっかり診てもらいましょう。

涙が流れ続けている状態は、うさぎにとってストレスになっています。うさぎはストレスにとても弱く、他の病気を引き起こす可能性もあります。たかが涙と思わず、早めのケアを心がけて、つぶらでかわいいうさぎの目の健康を守ってあげましょう。

 

出典:石川台どうぶつ病院

出典:あなたがウサギに出来ること(アレス動物医療センター)

出典:オダガワ動物病院

出典:どうぶつ親子手帳

 

コメント